メタバリアSの機能成分のサラシノールとは?

富士フイルムのメタバリアSには機能成分としてサラシノールが配合されています。

サラシノールは、インドやスリランカなど東南アジアに自生している植物「サラシア」に含まれている成分です。

サラシアは、インドの民間療法であるアーユルヴェーダーにも使われていました。

サラシノールには、食事したときの糖質の吸収を抑制してくれる効果があり、ダイエットサプリの成分として採用されています。

私達は食事をしている時に糖質も一緒に吸収しています。

白米やパン、麺類など炭水化物を多く含む食べ物は糖質も多く含んでいます。

なぜならば炭水化物は糖質と食物繊維から成り立っているからです。

白米やパン、麺類は私達日本人の大好物であり主食にもなっています。

ですので、そもそも日本人は普段から太りやすい食事をしている訳です。

ですので白米やパン、麺類を食べ過ぎてしまうと、簡単に太ってしまいます。

加齢などによってメタボリズムが低下してしまうと、若い頃に食べていた食事の量をそのまま食べてしまうと消費しきれなかった糖分は脂肪分に変化して余分な脂肪として太ってしまいます。

「太るのが嫌だ」と思う方は、炭水化物など糖質を多く含んでいる食べ物を減らしていくのが得策になります。

また、楽して糖質を減らしたい方は、サラシノールの効果を期待して富士フイルムのメタバリアSを使っているのもオススメです。

カテゴリー: メタバリアS タグ: , , パーマリンク